一般歯科

一般歯科について

各種健康保険の取扱いにより、虫歯の治療、歯周病に対する治療をベースとし、より良い口腔内を手に入れて頂けるよう診療にあたっています。

※保険治療以外のことは、必ず説明してから行います。

 

ご不明な点がございましたら、どんなことでもご相談下さい。

来院
お電話でご予約下さい。
06-6972-8241
カウンセリング
検査・診断
治療方法の説明
患者様一人一人のお口の状態をよりわかりやすく、納得の上治療を進めるため、液晶モニタで拡大レントゲンを表示したり、アニメーションを使った説明を行っています。
アフターケアー

虫歯の段階と治療法

シーオー 歯が脱灰し、白く濁ります。痛みはありません。
適切なブラッシングや、フッ素塗布などにより進行が防げます。
削る必要はありません。
c1 歯に穴があきますが、初期のむし歯で、痛みはありません。
むし歯を取り除き、修復材を詰めます。
c2 むし歯がエナメル質(歯の表面)から象牙質まで進行し、冷たいものがしみ、痛みを感じます。
C1と同じくむし歯を取り除き修復材を詰めます。箇所が大きければ、インレーという部分的な詰め物をセットします。
c3 歯の神経まで進行している状態です。熱いものがしみたり、何もしないのに激しい痛みを伴います。他の歯へむし歯が感染する恐れがあります。
患部を完全に削り取り、歯の神経を消毒し、歯に被せものをします(根幹治療)。根管治療には、針の形をした専用の器具を用いて治療を行っていきます。
c4 歯が崩れ、根しか残っていない状態です。抜歯をするほかなく、インプラント、ブリッジ、入れ歯という選択になります。
むし歯・歯周病などにならない歯を作る為にも、当院では予防歯科の代表格、PMTCを推進しています。



根管治療

根管治療は抜髄(ばつずい)と感染根管治療(かんせんこんかんちりょう)に分けます。

2つの治療法は細菌感染の程度に応じて区別され、 治療方法はほぼ同じで、根管を消毒して細菌を取り除くことです。

 

当院ではこの根管治療を拡大鏡を用いて行います。

 

歯科用拡大鏡(テレスコープ、ルーペ)とは、歯を拡大してみることの出来る顕微鏡の様なメガネです。拡大鏡を使用することによって、肉眼では見ることの出来ない歯の細かい凹凸や様々なことが分かるので、診断能力が向上し、より精密な治療を行うことが出来るようになります。

つよし歯科

〒537-0022

大阪府大阪市東成区中本

1-9-11コノミヤ2F

地下鉄中央線 緑橋駅徒歩1分

TEL.06-6972-8241


大きな地図で見る

ページTOP